アパートの2階に住んでいる高齢者が…  |  穴の開いた小銭入れ
日常のちょっとした出来事や、人には話しにくいあれこれを綴っています。

アパートの2階に住んでいる高齢者が…

ちょっとショックな話。
うちのアパートは2階建てなのですが、どこに誰が住んでるのかよくわかりません。

確かに人が住んではいるのだけれど、人の気配を感じないお宅もあるし、隣のように常時うるさいお宅もあったりと、なんとなくまともではない印象を受ける感じというとわかりやすいでしょうか。



で、先日のこと、なんだか外がざわざわしていたのでなんだろうと思って外に出てみたら、2階に住んでいた高齢のおばあさんが亡くなっていたのだとか。

亡くなってから少なくとも1週間は経過していたそうです。

なんとなくおかしいと隣の人が気づいて訪問してみたところ、ドアのカギが開いていて中でおばあさんが倒れていたそうです。



いわゆる孤独死というやつです。

そのおばあさん、見たこともないし全く知らない方ではありますが、周りの人が死ぬという経験がこれまでにないため、ちょっとショックを受けています。

大家さん曰く、これまでにもそういうことが2度ほどあったそうで、特に最近は珍しいことではないそう。

一人暮らししているお年寄りも増えており、今後もっと増えるのではないかとのこと。

もし自分がこれから先ずっと1人だったとしたら、いつかそういう日が来るのかも…と思うと気分が暗くなりました。