妹が結婚するらしい  |  穴の開いた小銭入れ
日常のちょっとした出来事や、人には話しにくいあれこれを綴っています。

妹が結婚するらしい

久々に実家のほうへ。
今度ご飯を食べにきなさいと母が言ったので、帰ったというわけです。

しかし帰ってみると、妹と知らない男性がいました。



妹はともかく、この男性は誰?
頭の中が?でいっぱいになっていたところに、妹が「実は結婚することになったの」と。

まさかそうだとは夢にも思っていなかったので、開いた口が塞がりませんでした。

もしかして、両親はこのために私を呼んだのかな?
そうなら初めからそうと言ってくれれば、もう少しちゃんとした服を着て心構えをして帰ったのですが…

まあ、私がどんな服をきてようが、妹やその相手には関係ありませんが、初めての挨拶の場ですからもう少し貧乏くささのないちゃんとした服を着ていたかった…(ジーンズと、着古したTシャツ、薄汚れたスニーカーを履いてリュックを背負っていました)



聞くところによると部署違いなのだとか。
会社で出会って、もう付き合い始めて2年になるらしいです。

実家の方には何度か挨拶に来ているそうで、母も父も打ち解けた感じ。

とてもおめでたくて嬉しいことではあるのですが、なんとなく皆の話に溶け込んでいけず、疎外感を感じてしまいました。



ちなみに妹が結婚するとなると、結婚式に出ても恥ずかしくないようちゃんとした服を用意しなくてはならないし、お祝いのお金も用意しなくては。お金が…

なんて、妹が結婚するというめでたいときに、お金のことなんて私は何を考えてるのだろうか…


母と父はとてもうれしそう。
こんな嬉しそうな両親は久々に見た気がします。

私自身も、妹が幸せになるのだと思うと嬉しくはあるのですが、ものすごく差を見せつけられたという気持ちもあったり。

自分が年上であるのにもかかわらず、いつまでも安月給で彼氏もいない、将来結婚できるかどうかもわからないなんて、両親に対して申し訳ない気持ちになりました。