ボロアパートに住んでいる事は両親は知らない  |  穴の開いた小銭入れ
日常のちょっとした出来事や、人には話しにくいあれこれを綴っています。

ボロアパートに住んでいる事は両親は知らない

うちの両親、私が最初に住んでいたマンションから引っ越したということは知っていますが、今のようなボロボロのアパートに住んでいることは知りません。

もちろん訪ねて来たことはありませんし、来させるつもりもありません。



両親は、悪い人ではないのですが、特に母は悪気なくポロポロと人が傷つくことを言う人です。

私が小さい頃からそうでした。
余計な一言が多いというか、言わなくても良いことを言ってしまうので、父によくたしなめられていました。

しかし本人、悪いこと言っていると思っていないので、注意されても治らないのですよね。



別に母が嫌いなわけではありませんが、私がこんなアパートに住んでると知ったら、信じられないというばかりにいろいろ言うに違いありません。

妹にも絶対に言うでしょうから、両親には知られたくないのです。

もちろん住所は知っているので、母や父が来たいと思ったら勝手に来ることもできます。

でもちょっと面倒くさがりなところがあって、用事があるときは大抵こっちが実家に帰ることになるため、勝手に来るというような心配はないと思います。



これから先も、住んでいるところの情報知らせずに済むかどうかはわかりませんが、できれば私はこれからもずっとここに住み続けたいと思っており、ふと気が向いてこっちに来ようなんて両親が思わないことを願っています。

母は少し潔癖なところがあるので、このボロアパートは絶対に許容できないはず。

自分が住むわけでもないくせに、自分の恥のように私を責めるに違いありません。なので、知られるのは怖いです。